トップ > 0 いじめで受けた心の傷はどうやって癒したらいい? > いじめの傷はどうやって癒すの?-子供のいじめから立ち直るために

【「いじめ」が原因で起こる登校拒否、不登校で悩んでませんか?】
28年間でのべ2000人以上の不登校児の相談を受け
200人もの子供を不登校から脱出させた「唯一の方法」に
興味ありませんか?

※今だけの限定公開ですので興味があるならば今すぐ確認を!
☆大変好評につき、突然終了する場合がございます☆
なお、終了の場合、次回の公開予定は未定となっていますので
お見逃し無く!!
【気になる体験者の感想はあなたの目でご確認ください】

いじめの傷はどうやって癒すの?-子供のいじめから立ち直るために

最近のいじめは陰湿化してきて、事態は深刻です。

本来味方であるべき担任の先生が、見て見ぬふりをしたり
いじめに荷担することさえあるというのですから
子供が人間不信に陥っても無理はないでしょう。

いじめで受けた心の傷は、何年経っても完全に
癒えることはないと言われます。

自分では忘れたつもりでいても、突然フラッシュバックのように
いじめの記憶が蘇るのです。

ご自分の子供がいじめに遭ってないか心配ですか?

本当はいじめを受けていても、子供の方からは
なかなか本当のことを話してくれません。

親に心配をかけたくないからいじめのことを黙っている
子供の気持ちに親はなかなか気が付きません。

そして、状況が深刻化してから、ようやくいじめの事実を
知るという事態に陥ります。

親は、日頃から子供の様子を、注意深く観察して
あげなければいけません。

子供の様子が不自然で、思い当たることがあったら
担任の先生に相談しましょう。

もし不幸にも、いじめが実際にあったなら
あなたのお子さんに対して

「自分たちは、どんなことがあってもきみの味方だよ」と言う
メッセージを発信してあげてください。

場合によってはカウンセリングや精神療法に通って
お子さんの不安を取り除いてあげることも
必要になるかもしれません。

親としてもう一つできることがあります。

それは、お子さんが、いじめのことを忘れるくらい
夢中になれることを、一緒に探してあげることです。

ただお子さんを守るだけでなく、外に立ち向かって
成長していく強い精神を育てることも親の大切な役割です。

【「いじめ」が原因で起こる登校拒否、不登校で悩んでませんか?】
28年間でのべ2000人以上の不登校児の相談を受け
200人もの子供を不登校から脱出させた「唯一の方法」に
興味ありませんか?

※今だけの限定公開ですので興味があるならば今すぐ確認を!
☆大変好評につき、突然終了する場合がございます☆
なお、終了の場合、次回の公開予定は未定となっていますので
お見逃し無く!!
【気になる体験者の感想はあなたの目でご確認ください】
この記事のカテゴリーは「0 いじめで受けた心の傷はどうやって癒したらいい?」です。
いじめで受けた心の傷はどうやって癒したらいいの? そんな悩みにお答えしています
関連記事

いじめの傷はどうやって癒すの?-子供のいじめから立ち直るために

最近のいじめは陰湿化してきて、事態は深刻です。 本来味方であるべき担任の先生が、...